Rackspace Service Blocks for AWS について

By Rackspace JP – 2020年5月26日

1. 本サービスの詳細
・クラウドサービスのライフサイクル管理に必要な要素を3つの機能に分け、AWS 向けに「Rackspace Service Blocks™」として提供します。
・これにより、お客さまのニーズに合わせたサービスを必要な分だけ迅速に導入することが可能です。

 

区分内容
Platform Essentials
(基本サポート)
プラットフォームのサポートと、アカウント・コスト管理ツールを提供します。
※サービスご利用には本ブロックのお申込が必須となります。
Architect & Deploy
(設計・構築)
新規プロジェクトに係る設計と構築、プロジェクトの推進に必要なエンジニアリングリソースを提供します。
Manage & Operate
(運用・管理)
24時間365日の監視・運用と、運用自動化機能を提供します。


2. 提供料金

・AWS 利用料金と Service Blocks 利用料金を合わせて、月額料金で提供します。

料金内訳

区分(月額料金)内容
①AWS 利用料金AWS 利用量に応じた AWS 利用料
②Service Blocks 利用料金AWS 利用料に応じて発生する各 Service Blocks の利用料

料金モデルケース(AWS 利用料金が月額100万円(税抜)の場合)

区分(月額料金)料金(税抜)
①AWS 利用料金100万円
②Service Blocks 利用料金Platform Essentials19.5万円
Architect & Deploy28万円
Manage & Operate13.5万円
合計161万円

 

資料ダウンロード