クラウドのコスト削減のために

By Keiran Holloway – 2020年5月26日(米国時間)

誰もが、今日の経済状況において、コストの削減を求めています。また、約70%の企業がパブリッククラウドに過剰投資しており、コストに細心の注意を払う必要があります。
しかし、短期的なコスト削減は、部分的な解決策にすぎません。大幅なコスト削減と継続的なコスト管理を実現するには、組織全体がITリソースをどのように消費しているかを把握する必要があります。

ここで登場するのが「コスト・ガバナンス」です。

コスト最適化かコスト・ガバナンスか
コスト最適化の短期アプローチでは、短期間で成果を上げることはできても、それを維持するのに苦労しますが、コスト・ガバナンスでは、クラウドの利用に関する長期的なアプローチで取り組みます。
管理されたプロセスでありながら、継続的な改善に重点を置いて、結果を生み出します。

コスト・ガバナンスのフレームワークを構築する
長期的にクラウドのコストにどのように取り組みますか?
以下のようなコスト・ガバナンス・プロセスから始めることをお勧めします。

  1. 部門横断的なコスト・ガバナンス・ボードを設置する
    財務、IT運用、セキュリティ、コンプライアンス、アプリケーションの所有者など、ビジネスのさまざまな部門からチームを構築し、チーム・スポンサーとして最高責任者レベルのリーダーを任命します。このチームのスポンサーに上級リーダーを任命することで、潜在的な障害を取り除き、迅速な意思決定を可能にします。このリーダーは、組織内のクラウド予算の目標についてチームに説明責任を負わせる必要があります。
  2. ミーティングは多めに
    コスト・ガバナンス・ボードは、勢いをつけるために、最初は毎週ミーティングを持つべきです。もちろん、明確なアジェンダ、出席率を良好にするためにオンラインミーティングもよいでしょう。また、体制が確立されれば、月に2回、または月に1回のペースに変更してもよいでしょう。
  3. クラウドコストの目標を定義する
    コスト・ガバナンス・ボードの財務担当者は、予算の期待値を設定し、コスト削減目標の主要な指標を定義します。また、契約条件の問題を改善する事前支払いなどを取り入れることによって、運用コストを削減することができます。取締役会は、次の財務報告期間に現実的な予算を設定することを検討すべきです。また、コスト削減のためにはベンダーによる囲い込みを避けるようにしてください。
  4. コストをレビューして短期的な成果をあげる
    コスト削減に関する最初の出発点は、使用されていないリソース、割り当て超過のリソース、不適切な構成のリソースを排除するなど、迅速な成果を得ることです。経験豊富なクラウドオペレーターとの連携により、このフェーズを迅速に進めることができます。アプリケーション・アーキテクチャを慎重に評価することで、長期的なコスト最適化を実現できます。
  5. コストの暴走を防止するためのプロセスとポリシーの導入
    最初のコスト削減策が実施されたら、次のステップとして、クラウドのコスト、使用率、セキュリティ、ガバナンスに関する実施ポリシーを作成します。サードパーティ製ツールを使用すると、これらのポリシーを簡単に把握し、違反があれば警告を受けることができます。そのようなツールの1つが、Rackspace Platform Essentialsに含まれているCloudHealthです。

専門家のガイダンスによるコスト管理の促進
コスト・ガバナンス・プランとは何か。Rackspaceの専門家は、包括的なコスト・ガバナンス・サービスによって、あらゆる段階でお客様を支援します。ITインベントリの確認から、修正、詳細な請求レポート、コストのタグ付け、予算のしきい値のステータスレポートまで、クラウド支出の最適化に必要な情報を提供します。

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformのいずれを使用している場合でも、プラットフォーム認定を受けた専門家によって、クラウドを最大限に活用するためのサポートを提供します。まずは、Rackspaceからのコスト・ガバナンス・サービスについての詳しいご説明から始めましょう。